基本は、学校の教科書に沿って、予習ができる教科書ワークを利用します。 予習をすることで実際の授業で余裕ができて聞き漏らしを防げます。 わかっている問題がでるとうれしくなります。 また2度問題を考えることで記憶にも定着して・・・